内視鏡検査(カメラ検査)

より苦痛の少ない内視鏡検査を目指して

より精度の高い内視鏡検査を目指して

より安全で正確な内視鏡治療を目指して

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「動画提供:オリンパス株式会社提供」

2018年に経鼻内視鏡初のハイビジョン画質を実現したオリンパスの EVIS EXERA Ⅲ(2018年1月25日販売)を導入しました。

これまでの経鼻内視鏡は、画質が悪いことが最大のデメリットでした。この最大のデメリットを克服したEXERA Ⅲの経鼻内視鏡(GIF-XP190N)なら、自信を持ってみなさまにお勧めすることが出来ます。

もちろん経口内視鏡 (GIF-H190)のメリットも大きいので、上手に使い分けて行くことが大切であると考えております。

大腸カメラ(PCF-H190DL )もスコープの挿入性が向上しており、患者様の苦痛低減に繋がるものと考えております。

胃カメラ(上部消化管内視鏡)は経鼻内視鏡(GIF-XP190N)経口内視鏡 (GIF-H190)の二種を、大腸カメラ(下部消化管内視鏡)PCF-H190DI を用意しました。
合わせて三つのラインナップを揃えております。検査ご希望の方はお気軽にご相談ください。

 

当院では鎮静剤を用いた検査も行っております。

鎮静剤を使うことにより、眠った状態で検査を受けることが可能です。

詳細は下記の<検査案内:詳細>からご確認ください。

 

<検査案内:詳細>

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)(詳しくはこちら)

下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ/ポリープ切除)(詳しくはこちら)

 

 

 

内視鏡洗浄機(安全で清潔な内視鏡検査のために)

当院ではハイレベルな洗浄消毒を行なっており、内視鏡をいつも清潔に保っております。
日本消化器内視鏡学会および日本消化器内視鏡技師会の内視鏡・洗浄ガイドラインに基づいた内視鏡の洗浄と高水準消毒を1検査ごとに行なっております。